トイレにみだらな落書き 習志野署、容疑で中学教諭逮捕「心の闇を晴らすためにやった」

©株式会社千葉日報社

 商業施設の男子トイレに侵入し、みだらな内容の落書きをしたとして、習志野署は21日、建造物侵入と器物損壊の疑いで船橋市立習志野台中学校の教諭、小林裕一郎容疑者(47)=習志野市津田沼1=を逮捕した。

 逮捕容疑は昨年12月15日午後6時15分ごろ、習志野市の大型ショッピングセンターにある男子トイレに侵入し、個室の壁にみだらな言葉と実在する男性のフルネームを黒い油性ペンのような物で落書きした疑い。

 同署によると、「自分の心の闇を晴らすためにやった」などと容疑を認めている。防犯カメラの映像を調べるなどして特定した。

 小林容疑者の自宅近くのJR津田沼駅周辺のトイレでは、数年前から同様の落書き被害が相次いで発生。小林容疑者は別件への関与をほのめかしており、同署は把握する数十件との関連を調べる。

 船橋市教育委員会によると、小林容疑者は2017年4月から同校に勤務し、英語を担当していた。市教委は「誠に遺憾。事実関係が明らかになったら、県教委と連携して厳正に対処する」とコメントした。