水道管にも冬支度を

©株式会社VOTE FOR

■凍結しやすい条件
○こんな時は凍結しやすくなります。
(1)外気温が氷点下4℃以下のとき
(2)一日中気温が氷点下の「真冬日」が続くとき

○こんな水道管やじゃ口(ぐち)は凍結しやすくなります。
(1)むき出しになっているもの
(2)風あたりの強い場所にあるもの
(3)北向きの屋外にあるもの
(4)外気に触れているじゃ口(ぐち)

■凍結防止の方法
(1)水道管の上から保温材(ウレタン・ポリウレタン製)を巻きつける
(2)お休み前に台所または洗面所などから水を流しておく。
※水道料金はお客さま負担です。

■凍結してしまったときの対処法
(1)凍結してしまった場合はじゃ口(ぐち)にタオルなどを巻きつけて、ぬるま湯をゆっくりかけてください。
※熱湯だと管が破裂するおそれがあります。
それでも水が出ない場合は、指定給水装置工事事業者(注)へ依頼してください。
(2)長期不在の場合は、メーターボックス内の止水栓を閉めて水道管の水を抜いてください。

■凍結後の点検か所
気温が上昇し、凍結したじゃ口(ぐち)から水が出始めたら水漏れの点検をしましょう。
・サンヒーター
・給湯器
・散水栓のじゃ口やホース
・水道メーターのパイロット
(その他)別棟・倉庫・空き家・集会所・墓地など

※水道メーターのパイロットが回っていたら、水漏れの疑いがあります。水道局または指定給水装置工事事業者(注)へ連絡してください。
※普段から、メーターの位置を確認しておきましょう。また、メーター付近の除雪にご協力をお願いします。

注:指定給水装置工事事業者は、水道局ホームページをご確認いただくか水道局までお問い合わせください。

問合せ:米子市水道局 給水課
【電話】0859-32-6113
【電話】0859-32-6114
【電話】0859-32-6115
【FAX】0859-35-6866