けんこう広場

©株式会社VOTE FOR

■特定不妊治療費の助成
『確定申告前に申請を』
市では、子どもを授かるために「特定不妊治療」(体外受精、顕微授精、男性不妊治療)を受けた夫婦に対して、その治療にかかった費用の一部を助成しています。これは、「千葉県が実施する特定不妊治療費助成事業」の助成決定を受けた方が対象となります。
確定申告で医療費控除をした後に、鴨川市特定不妊治療費助成申請をした場合は、修正申告が必要となる場合があります。
千葉県の特定不妊治療の助成決定を受けた方で、鴨川市への申請がお済みでない方は、必要書類を健康推進課へ提出してください。

申請期限:
千葉県助成事業による助成の決定を受けた日の翌日から起算して1年以内

助成額:
本人負担額(千葉県助成対象の特定不妊治療費の額から千葉県助成額を差し引いた額)の2分の1に相当する額(千円未満切り捨て)。医療機関が証明する一連の治療1回につき10万円まで助成

申請方法:健康推進課へ必要書類を提出
【電話】04-7093-7111

■無料クーポン券の利用期限にご注意
『40~57歳男性の風しん抗体検査』
妊婦が風しんになると赤ちゃんが先天性風しん症候群を引き起こす場合があります。妊婦の夫の皆さんは特に注意が必要です!

対象者(鴨川市に住民票がある方):
(1)40歳~47歳の男性
(昭和47年4月2日~昭和54年4月1日生まれ)
→対象者全員にクーポン券発行・郵送済み(令和元年5月)
・利用期限は令和2年3月31日
(2)48歳~57歳の男性
(昭和37年4月2日~昭和47年4月1日生まれ)
→希望があり申し込まれた方にクーポン券を発行
・利用期限は申請時期により異なります
※クーポン券のない方は、公費助成が受けられませんのでご注意ください

《まずは抵抗力があるかチェック!》

問い合わせ:健康推進課
【電話】04-7093-7111