確定申告が始まります!-1-

©株式会社VOTE FOR

所得税の確定申告が始まります。申告書は、ご自身で作成し、期日までに申告しましょう。厚木税務署での申告書作成会場は、2月17日(月)に開設されますが、自宅などで作成した申告書は、2月17日以前でも電子申告や郵送などにより提出することができます。

申告の際にはマイナンバーの記入が必要となり、合わせてマイナンバーによる本人確認を行います。
申告の際は、以下の(1)、または(2)と(3)をお持ちください。
(1)個人番号(マイナンバー)カード
(2)通知カードまたは個人番号記載の住民票の写し
(3)運転免許証・パスポートなどの顔写真付きの証明書1点または健康保険証・年金手帳などの顔写真なしの証明書2点
※確定申告書を窓口や郵送で提出する方と、町県民税申告書を郵送で提出する方は、上記(1)のコピー、または(2)(3)のコピーを添付してください。
※代理人による申告の場合は委任状、代理人の身分確認書類、申告者本人のマイナンバーが確認できる書類が必要です。

■税理士による無料申告相談会
年金受給者、年金と給与所得のある方、および小規模納税者を対象とした、申告書の作成相談を行います。ただし、土地や建物、株式などの譲渡所得がある場合は対象となりません。また、申告書の提出のみの方は受け付けできません。
日時:
▽1月29日(水)
▽2月7日(金)
▽2月13日(木)
・受け付け 午前10時~
・相談 午前10時~午後4時
文化会館駐車場の利用時間は午前8時30分から、申告会場への案内は午前9時からです。
会場:文化会館3階大会議室
当日必要な書類など:
・源泉徴収票
・生命保険料・地震保険料などの支払証明書
・あらかじめ作成した医療費控除の明細書(医療費控除を受ける方のみ)
・国民健康保険・介護保険・後期高齢者医療保険・国民年金・国民年金基金などの支払証明書
・前年申告書の控え
・印鑑
・電卓
・筆記用具
・申告者本人の口座番号などが分かるもの
・マイナンバーカードなどのマイナンバーが分かるもの
・身分確認書類

■国税庁ホームページからも確定申告ができます
国税庁ホームページの「確定申告書等作成コーナー」では、金額などを入力すれば税額が自動計算され、所得税および復興特別所得税の申告書や青色申告決算書などが作成できます。
所得税の確定申告書はスマートフォンやタブレット端末でも作成できます。
▽電子申告(e-Tax)の利用方法
「確定申告書等作成コーナー」から、直接税務署に申告する電子申告が利用できます。
(1)マイナンバーカード方式
「マイナンバーカード」と「ICカードリーダライタ」を使用し、確定申告書等作成コーナーから送信。1月31日(金)以降は、ICカードリーダライタの代わりに、「マイナンバーカード対応スマートフォン」も利用できます。
(2)ID・パスワード方式
事前に税務署などで発行された「ID」と「パスワード」を、確定申告書等作成コーナーから送信。発行希望の方は、運転免許証などの本人確認書類をお持ちの上、税務署にお越しください。
詳細は税務署にお問い合わせいただくか、国税庁のホームページをご覧ください。

問い合わせ:厚木税務署
【電話】046-221-3261
【国税庁ホームページ】https://www.nta.go.jp/
【確定申告書等作成コーナー】https://www.keisan.nta.go.jp/

問い合わせ:税務課町民税班
【電話】(内線)3274