「ワクチン接種、必要」 豚コレラ対策会議が結論 玉城知事が最終判断へ

©株式会社沖縄タイムス社

豚コレラ関係者会議であいさつする玉城デニー知事(中央)=22日、沖縄県庁

 沖縄県や生産者団体、有識者などが豚コレラ(CSF)の防疫対策について検討する「県CSF防疫対策関係者会議」が22日、那覇市の県庁であり、全会一致で「ワクチン接種が必要」と結論付けた。議長の長嶺豊農林水産部長が同日中にも玉城デニー知事に報告して、知事が最終判断する。

 会議では、ワクチン接種のメリットやデメリットなどについて確認。養豚生産者団体や有識者からは、ワクチン接種に前向きな意見が多数を占めた。

 また、ワクチン接種の有無にかかわらず、「飼養衛生管理基準」の徹底が重要とし、防疫対策や管理基準の指導、徹底を前提とすることも確認した。