6秒動画で魅力発信 福島県内59市町村ごとに1本制作

©福島民友新聞株式会社

 福島県は、6秒で本県の魅力を伝えるPR動画「もっと 知って ふくしま!」の第2弾として、県内59市町村ごとに動画1本を新たに制作した。

 「もっと 知って ふくしま!」の特設サイトや動画投稿サイト「ユーチューブ」で公開している。

 動画には本県の方言「んだ・んだ」を軽快なBGMとして取り入れた。「伊達市 甘い あめ色 あんぽ柿」「昭和村 そよ風が 育てるかすみ草」など、各市町村の特産や名所、特徴をコンパクトにまとめた。

 県クリエイティブディレクターの箭内道彦さん(郡山市出身)が監修、イラストレーターの寄藤文平さんが作画と監督を担当した。東京都、神奈川県など県外の9自治体や家電量販店などが協力し、各地で放映する。