両陛下、埼玉の障害者施設を視察

上皇ご夫妻から継承

©一般社団法人共同通信社

国立障害者リハビリテーションセンターなどの創立40周年の記念式典で拍手を送られる天皇、皇后両陛下=22日午後、埼玉県所沢市

 天皇、皇后両陛下は22日、埼玉県所沢市の国立障害者リハビリテーションセンターを訪れ、入所者らの職業訓練を視察された。上皇ご夫妻から引き継いだ障害者週間に合わせた訪問。同センターと、併設する国立職業リハビリテーションセンターの創立40周年の記念式典にも出席した。

 天皇陛下は式典で「障害の有無にかかわらず、誰もが相互に人格や個性を尊重し支え合う共生社会が築かれていくことを願う」とあいさつした。

 その後、両陛下はパソコンを使った職業訓練を視察。熱心に質問し、「お大事にしてください」などと声を掛けた。