「結婚しなくていい」やじ

夫婦別姓訴える野党質問に

©一般社団法人共同通信社

衆院本会議で質問する玉木雄一郎氏(国民)

 国民民主党の玉木雄一郎代表は22日、衆院代表質問で選択的夫婦別姓の導入を訴えた際、議員席から「だったら結婚しなくていい」とやじが飛んだと記者団に明らかにした。自民党の女性議員だったとして「非常にショックだった。こういう自民党だから少子化が止まらなかった。古い自民党には任せておけない」と批判した。

 玉木氏は質問で、若い男性が交際中の女性から「姓を変えないといけないから結婚できない」と言われたとのエピソードを紹介し「夫婦同姓が結婚の障害になっている」と指摘した。その際、やじが飛んだという。

 立憲民主党の枝野幸男代表も記者団に「あるまじき発言だ」と語った