指先の無形文化遺産 広西チワン族自治区のトン族刺しゅう

©新華社

指先の無形文化遺産 広西チワン族自治区のトン族刺しゅう

 

 【新華社柳州1月22日】中国広西チワン族自治区柳州市三江トン族自治県のトン族刺しゅうは、優れたデザインと鮮やかな色を特徴とし、2009年に自治区級無形文化遺産リストに登録された。

 同県独峒(どくどう)鎮唐朝村は「トン族女性の手工芸工房」を創設し、女性らが自宅で起業できるようにした。作品はすでに国外に輸出され、家族の世話や技術の継承、貧困脱却が実現された。(記者/郭軼凡、林凡詩)