乃木坂46・鈴木絢音のヒコーキ愛は止まらない! 先輩・斎藤ちはるアナとサプライズ対談も!!

©株式会社東京ニュース通信社

CS放送のテレ朝チャンネル1 ドラマ・バラエティ・アニメでは、2月9日に「乃木坂46 鈴木絢音の『そら気分~ヒコーキに会いたい!!』~拡大版」(午後0:00)を放送する。

番組は、昨年11月に放送された60分の特番に未公開映像や、元乃木坂46でテレビ朝日のアナウンサーである斎藤ちはると鈴木とのインタビューを含めた90分の拡大版。まずは、飛行機が大好きな鈴木が、仲良しメンバーの北野日奈子と渡辺みり愛を引き連れて、羽田空港にあるジャンボジェットの機体メンテナンスセンターや、中部国際空港セントレアの新名所「FLIGHT OF DREAMS」にあるボーイング787のテーマパークなど、飛行機マニアも仰天の㊙︎スポットを訪問。さらに、メンバー憧れのCA体験や、幻想的な夜景撮影にも挑戦するなど、あらゆる角度からヒコーキの魅力に迫っていく。

そして、前回の番組でナレーションを務めた斎藤アナが鈴木にサプライズのどっきりインタビューを敢行。番組が大好評だったことから、テレビ朝日を代表して“御礼”を兼ねてサプライズ訪問することになった斎藤アナは、「何日も前から緊張していて、『どうしよう、どうしよう』ってドキドキしています」と鈴木の登場前から心ここにあらずの面持ち。というのも、斎藤アナにとって、こうしたインタビュー対談は初めてで、その相手が乃木坂46の後輩とあって、気持ちの高ぶりは抑えられないよう。

その後、感動と興奮の対面を迎えた2人は、さっそく前回の番組についてトークを展開。初冠番組を聞いた時の印象や、ロケの裏話を披露するとともに、メンバーやファンからの反響について聞かれた鈴木は、「あんなにずっとニコニコしている絢音ちゃんを見たことがないという声が圧倒的でしたね(笑)。しかも、無意識だったので、ホントに幸せな時間だったんだなと思いました」と振り返った。すると、鈴木から斎藤アナに「ちはるさん、初ナレーションだったんですよね?」と逆質問が飛び、その意外な感想に斎藤アナは仰天のリアクションをとってしまう。

また、インタビューでは、斎藤アナの持ち込み企画「高度MAX!ヒコーキクイズ」コーナーも。ナレーションを入れている時から、アナブースで「マニアックですね(笑)」と鈴木のヒコーキに関しての深い知識に目を丸くしていた斎藤アナから、鈴木へ矢継ぎ早に質問が飛び、盛り上がりを見せる。そのほか、2人は今後の乃木坂46についてや、メンバーに入った時のお互いの印象など、先輩後輩トークに花を咲かせた。

インタビューを終えて、鈴木は斎藤アナについて、「卒業されて、最近はテレビの人になっちゃって、ちょっと遠い存在(笑)。でも、この感じ、懐かしいですね!!」と限られた時間だったもののサプライズな再会を喜んだ。また、斎藤アナが緊張していたと知り、「私はサプライズで何も知らなかったので、何の緊張もせず、申し訳ないですね」と笑顔を見せた。