遠藤憲一が元SP役でダークヒーロー“私刑人”と対峙! 森村誠一「正義の証明」ドラマ化

©株式会社東京ニュース通信社

テレビ朝日系にて2月9日に放送されるドラマスペシャル「私刑人~正義の証明」(午後9:00)に遠藤憲一が主演する。作家・森村誠一氏の小説「正義の証明」をドラマ化したもので、法で裁かれない卑劣な犯罪者たちに自らの手で制裁を下す“私刑人”と、その存在を追う警察の攻防を描く。

同作では“私刑人”というダークヒーローVS日本の治安を守る警察組織という構図を描き、世の中の人々に「正義の基準は絶対的に正しいのか」「果たして正義の定義とは」を再び問いかけていく。遠藤が演じるのは、“私刑人”を追う元SPの警察官・松永祐一郎。“私刑人”に関する事件で銃弾を受けて以来SPの職を辞し、交番勤務の制服警官を続けている。事件から3年後、姿を消していた“私刑人”が再び行動を開始したことで、警視庁は庁内に「私刑人対策室」を設立。SP時代の上司で「私刑人対策室」の室長に就任した相馬によって、松永は最前線の現場へと呼び戻される。今作で同局ドラマ単独初主演となる遠藤は、「個性的なキャストの皆さんが次々と登場します。まさかの展開をお楽しみに!」とコメント。

共演には、松永のSP時代の後輩で、現在はタクシー運転手をしている江崎哲平役に北村有起哉、与党・民自党の幹事長で次期総理大臣候補の筆頭と言われる大物議員・龍岡泰邦役に竹中直人、龍岡の地盤を継ごうと目論む私設秘書・山葉文雄役に濱津隆之、私刑人の事件を追う週刊誌の女性記者・吉尾恵美役に内山理名を迎える。「正義の証明」という重厚な作品で、どのような濃密な芝居合戦が繰り広げられるのか期待が高まる。