「芸能界特技王決定戦 TEPPEN」歴代王者&上位入賞者の超ハイレベルな戦いに!

©株式会社東京ニュース通信社

芸能人が自らの特技を披露し、その分野でのナンバーワンは誰なのかを決定するフジテレビ系「芸能界特技王決定戦 TEPPEN」。1月25日(午後9:00)の放送では、放送20回目を記念し、歴代王者と上位入賞者だけという超ハイレベルな戦いをピアノ、書道の2種目で繰り広げる。

ピアノ対決では、「グランドチャンピオン決定戦」と題し、2015年10月に史上最年少で優勝したHKT48の森保まどか、18年1月に優勝した山口めろん、前回(19年8月)、前々回(19年1月)の大会で3位のまとばゆう、16年1月に初出場で初優勝に輝いたこまつ、17年9月に優勝した杉浦みずき、19年1月に準優勝のパーマ大佐、12年1月に初出場で初優勝を決めると、その後、14年1月、17年1月、19年8月と、計4度の優勝を飾った元AKB48の松井咲子が参戦。

1stステージと2ndステージの合計点でTEPPENが決まるが、まず1stステージは、ゲーム空間で演奏するミスタッチ・プレッシャー決戦。平成・令和のヒット曲から選んだ3曲のサビをピアノ演奏し、1曲全てミスタッチなく演奏すると100点、3曲合計300点満点を獲得できる。ただし5回ミスするとその時点で終了となってしまうというプレッシャーがかかる中での演奏となる。

2ndステージは、音楽プロデューサー・今井了介氏を審査員長に、表現力・正確性・リズム・難易度・音色の五つを審査項目とし、25人の審査員が挑戦者の演奏を採点していく。ゲストの鈴木梨央が、こまつの演奏に心が動かされ感動の涙を流し、それを見たこまつも目が潤み、「こういうのがあるから、音楽っていいなと思います」とスタジオは感動に包まれる。SMAP「世界に一つだけの花」、Mr.Children「しるし」、嵐「Happiness」、星野源「恋」、Official髭男dism「Pretender」といった、平成・令和を彩った名曲を各出場者が最高の技術とアレンジで送る最高の演奏も大きな見どころだ。

そのほか書道対決では、書道師範で19年1月優勝の伊藤かずえ、同じく書道師範で14年1月に準優勝のフジテレビアナウンサー・生野陽子に、書道5段の大久保佳代子、書道6段で大学は書道家を専攻という俳優の東啓介、書道8段のぺえ、書道特待生の松嶋尚美の4人が「TEPPEN」初参戦! 上白石萌歌、城田優、書道家・青柳美扇氏が見守る中、熱戦を繰り広げる。