暖冬で野菜4~35%値下がり

ハクサイやキャベツ、農家は苦慮

©一般社団法人共同通信社

店頭に並ぶ暖冬の影響で値下がりしたキャベツやダイコンなどの野菜=22日午後、東京都練馬区

 農林水産省が22日発表した全国小売店での野菜販売価格の動向(13~15日時点)によると、キャベツやハクサイなど調査対象の8品目で平年に比べて4~35%安い価格となった。暖冬で生育が順調に進んで出荷が増える一方、鍋物用などの需要が伸び悩んでいることが影響した。消費者にとっては恩恵だが、農家は対応に苦慮している。

 農水省が全国470店舗の小売価格を調べた。鍋物の定番の具材として使われるハクサイは平年より22%安く、1キロ当たり146円だった。キャベツは34%安の143円、ネギは14%安の668円、ダイコンは20%安の146円となった。レタスは35%安だった。