武漢市で出入りに対する管理・コントロールを実施―中国

©株式会社 Record China

武漢市政府と武漢市衛生健康委員会は、新型コロナウイルス感染による肺炎の拡散を断固として抑制するために、武漢市は武漢に出入りする人員に対し管理・コントロールを強化し、武漢市からの団体旅行を取りやめ、公安交通管理当局は武漢に出入りする自家用車に対し抽出検査を行い、車のトランクに生きた鳥や野生動物を積載していないかなどを検査していることを明らかにした。新華社が伝えた。

武漢市は公共の場所や公共交通機関の管理を強化している。1月14日から、空港や鉄道駅、長距離バスターミナル、旅客運輸埠頭に赤外線測温装置35台を迅速に設置し、携帯用の赤外線測温装置300台以上を用意し、各地区では相次いで関連機器の配置に力を入れている。また、「三駅一場」(漢口駅、武昌駅、武漢駅の3駅と武漢天河空港)に体温測定ポイントや徹底検査ポイントを設け、武漢を離れる旅客の体温を検査している。さらに、発熱がみられた旅客に対しては、登録を行い、関連情報の書かれたパンフレットやマスクを配布し、チケットキャンセルや便の変更手続きを無料で行い、管轄エリアの医療機関を受診するよう指導し、医学観察を行っている。

1月19日、武漢市は武漢から国外へと向かう人への徹底検査の実施を手配した。同時に、鉄道駅や空港、ホテル、映画館、市場など人が集まる公共の場所に対して、消毒や通気性向上、体温モニタリングの強化などの措置を講じ、公共交通機関に対しては「毎日消毒」と「運行ごとに通気」を強化している。(提供/人民網日本語版・編集/AK)