スカイディスク、AI音分析を活用して実証実験を高速化する簡易パッケージを製造業向けに提供

©株式会社アールジーン

2019年以降、AIビジネスにおいては、実際の業務課題に対してAIの活用を検討する企業が増えており、多くの実証実験が開始されるとともに実稼働に移るケースも増えてきた。一方で、高コストの投資やかけた時間工数などにより期待値が膨らんだ結果、プロジェクトが長期化してしまい、当初の想定より数ヶ月以上の期間を実証実験に費やさざるを得ない企業も存在しており、課題となっている。

そこで、株式会社スカイディスクは、人の聴覚特性を模したAI音分析「SkyAI for Sound」を活用して、実証実験を高速化する簡易パッケージを提供する。SkyAI for Soundは、製造業向けのAIサービスの一部として、熟練の技術者にしか聞き分けられない音の違いを捉え、官能検査を効率化することを目的に開発された。

SkyAI for Soundでは、様々な特徴抽出手法を組み合わせて、1分程の音データから1万件以上の特徴量を抽出する。抽出した特徴量は、スカイディスクの解析技術により最も効果の高い特徴量に絞り込まれ、音判定AIの作成に用いられる。特徴量作成、絞り込み、AI化技術を組み合わせることで、従来手法では捉えることが難しかった音の特徴を検出できる。

また、音データの前処理に人が音の特性を理解する仕組みを応用しており、人の聴覚特性に近い判定ができる。これにより、人が音を聞いて正常・異常を判断する業務をAIが代替できるようになる。

今回提供する簡易パッケージでは、顧客自身で取得した音データとSkyAI for Soundを用いて音判定AIを作成し、精度検証を行う。従来は1〜2ヶ月の期間を要する音データの特徴量抽出からAIモデル作成までを、簡易パッケージとして1週間程度で提供する。