国会論戦に集中する 立憲・福山幹事長

©株式会社エコノミックニュース

 立憲民主党と国民民主党は合流に至らず、共同会派として「まっとうな政治を取り戻す」ために国会論戦に集中することを21日確認。国会での連携強化を進めることで相互の信頼醸成につなげたいとしている。

 解散・総選挙に向けては国会内外の野党連携の強化に取り組むことを確認した。また立憲民主党の福山哲郎幹事長は「20日時点では、われわれのぎりぎりのラインと向こうのぎりぎりのラインの中で折り合わなかったのだと思う。そのことが『国民民主党は立憲民主党の求めていた20日に政党合併の結論を出すに至らなかった』という表現に内包していると思います」と説明。

 

 そのうえで「門戸は常に開いているつもりなので、国民民主党、社民党、野田さんのグループ(社会保障を立て直す国民会議)、岡田さんのグループ(無所属フォーラム)と一緒に安倍政権に対峙しようと申し上げたことは変わりませんし、それぞれの政党の事情の中で、ぎりぎりのラインで残念ながら折り合わなかったということですので、今後は国会に集中していきたい」とした。(編集担当:森高龍二)