『可愛くってずるくっていじわるな妹になりたい』5年分の鈴木涼美コラム集発売!

©有限会社ルーフトップ

雑誌「TVガイド」や「TV Bros.」を発行する株式会社東京ニュース通信社は、 1月31日(金)に『可愛くってずるくっていじわるな妹になりたい』(鈴木涼美/著)を発行する。

数多の社会学者が机上で巡らす空論を飄々と飛び越える筆致で、 男と女、 芸能と大衆、 慣習と衝動など、 割り切れない現代社会の機微を的確に捉え、 渋谷と歌舞伎町と研究室と新聞社を越境するなかで培った天然のフィールドワークから得た知見を綴った名コラムの数々ほか、 他媒体に掲載されたエッセイや書評なども合わせて収録。

“J-POPは大抵、 恋の労働者階級の賛歌である”(2014年)

“オンナには幸福になる権利が目一杯あるけど、 不幸になる自由だってあるのですから”(2015年)

“今年33歳になる私は、 まだピンヒールを脱がない生活のまま、 愛の才能と正しさのない混沌を背負っていて、 でも、 ローファーで駆け下りていた地下鉄の階段は、 あの頃よりもずっと慎重に降りる”(2016年)

“「殴る」「奪う」「吸う」とネガティブに逸脱したそれまでのヤンキーとは逆の、 「買う」「踊る」「めかす」とポジティブな方向に逸脱するのが私の時代のギャルだった”(2017年)

“私たちに欠如していたモラル、 倫理、 良識、 常識などを兼ね備えた今の19歳ギャルモデルたちは、 一般的な意味で私たちの100倍正しく、 そして100倍つまらなく見えて、 正しいけどつまらない道徳に振り回されて、 SNSを炎上させる今の時代にとても似つかわしい”(2017年)

“若い女の無垢な視線や肌のハリごときに踊らされているうちは、 若い女の口の軽さや箸が転がっても大騒ぎするような大げさっぷりにせいぜい悩まされていろよ”(2018年)

“物分かりが良い、 とかいうのはある意味、 すでに絶望している、 というのとほとんど同義”(2019年)

“あーこれ欲しいな、 欲しい欲しい欲しいなーと思うことはあって、 それが手に入らないと気持ちが凹むし機嫌悪くなるから、 なるべく一回は手に入れるようにしてきた。 校則の緩い学校の生活も、 ヴィトンの財布もCDも、 キスキスとジャイロのスーツも、 大学の合格も、 キャバクラのナンバーワンも、 マトラッセもマルチカラーも吉本隆明全集も、 一人暮らしの部屋も、 刺青も、 入社試験も、 有名人の男も。 ”(あとがきより)