東京金山会通信 No9

©株式会社VOTE FOR

11月22日、第17回最上地域ふるさと連合会総会が開催されました。当日、東京はあいにくの雨模様でしたが、会場のホテルラングウッドには「最上地域ふるさと連合会」の会員の皆さんなど133名が集いました。金山町からも、鈴木洋町長と丹敏雅総合政策課長がご参加くださいました。
東京金山会からは15名が参加し、ふるさと応援隊としてのそれぞれの活動や近況などを報告しあい、親睦を深めてきました。
最上地域出身の皆様とは、様々な活動を通してお会いする機会も多く、懐かしい方言や思い出話などの共通点も多いことから、いつも家族的で和やかな集まりになっています。
最近、ショートメールでコメントをいただけるようになりました。本当にありがたいことです。これからも、皆様方のご意見やご要望をお待ちしておりますので、気軽にご連絡ください!

●執筆担当藤山の一言!
先日、故郷金山の実家から新米が届きました。毎年の事ですが、この時期になると20数年前の事を思い出します。日本中からお米が無くなりました(少し大げさですか?)。おかげさまで、我が家は実家からのお米があり、不自由しませんでしたが、スーパーやお米屋さんではタイ米との抱き合わせの販売しかなくて世の中パニック状態でした。
毎日当たり前に食べているお米ですが、日本の農家さんに感謝ですね!