女武士道イベント『凛』が4月開催へ、マドレーヌがタッグ戦でジャガー横田を誘い参戦か!?

©株式会社ヨシクラデザイン

女武士道『凛』の旗揚げ戦が4月に開催決定

 女武士道『凛』の旗揚げ興行が4月、都内会場で開催する予定と発表され、同時に選手募集も開始された。『凛』は 謎のインド王族武術を操る武術集団「Team DATE」の四姉妹がイメージキャラクターを務め、巌流島運営スタッフが制作する新女子格闘技イベントだ。

 選手は空手、柔道、柔術、相撲、合気道、忍術、プロレス等のプロ、アマから広く募る。
 試合場は巌流島同様にリングロープはなく、転落した際にショックを和らげるように試合場下にマットが敷かれる。

資料ではタッグ戦の場合、華DATE(左)と法DATEが写真に掲載され敵タッグチームと対戦する構図になっている

 試合時間は10分1R、アマチュアの場合は5分1R、試合の勝敗は一本、判定、失格により決し、一本は打撃ではダウンし10カウントが数えられた場合、相手の両肩をマット上で3秒押さえた場合、関節技、締め技でタップをとった場合、試合中に相手選手を10回闘技場下に落下させた場合、5分の試合では5回落下で試合終了となる。
 判定の場合は打撃のクリーンヒットや、投げなどのポイントの多い方の勝ちとなる。

 またタッグマッチ戦もあり、15分1本勝負、2選手編成のタッグチームの対抗形式がある。ピンチやスタミナ切れのとき控えのパートナーにタッチすることで交代可能だ。

華DATE(左)と法DATEvsマドレーヌ&ジャガー横田は果たして実現するのか

 この募集を巌流島のエース菊野克紀がツイッターで告知「アマチュア、セミプロ、プロの出場選手募集をしています。ご興味のある方はご紹介します」と流したところ、女子MMAイベント『DEEP JEWELS』にも参戦していた”メルヘン戦士”マドレーヌがリツイートし挙手の絵文字をアップ。

 マドレーヌは現在、井上京子率いる女子プロレスのディアナに所属し毎週大会に参戦。ジャガー横田のヒールプロレスユニット『クライシス』の一員としてリングで暴れまわる。マドレーヌに出場の意思を問い合わせたところ「タッグ戦に興味があります。今もMMAの練習をしているので、プロレスのスケジュールが合えば今度こそ勝てるようにパートナーを引き連れて力を合わせて頑張りたいですね」と興味津々。

マドレーヌは前日計量でビキニ姿で顔にペイントを施し独特のポーズを決め話題に

 また、ジャガー横田の参戦はあるかと問うと「恐れ多い話ですが、もし一緒に出場していただけたらもう最強ですね」と、恐縮しつつも意欲的にコメントした。井上京子から出場の許可が下りればジャガー横田とのタッグが実現するかも。
 同じくヒールユニットにはスマックガールにも参戦していた佐藤綾子、“女子格スーパーレジェンド”藪下めぐみもいるという。TeamDATEとの対抗戦になれば面白い。

昨年9月には元UFCファイター朱里とプロレスで対戦、脇固めで反撃も見せたマドレーヌ

 マドレーヌは『DEEP JEWELS』で17年にデビュー、当初は体重が軽いこともあり、なかなか勝てなかったが、ミクロ級が設立され出場するとようやく1勝をあげた。18年11月にディアナの練習生となり、19年5月にプロレスデビュー。プロレスと並行しながら出場した同年6月のDEEPでは、しなしさとこと対戦、1R 3分5秒で一本負けを喫した。

 あれからMMAには出ていないが通常の練習に加え、筋トレと体重増量に励み3kg増量に成功している。4月はプロレス興行に加え餅つきなどのイベントが続くらしいが、団体の許可を得て出場にこぎつけたいところだ。

 今後、格闘技女子、プロレス女子の正式参戦の発表に期待したい。