明石家さんまの「ヤンタン」に元アンジュルム和田彩花が苦言「絶対的にありえない」

©株式会社グローバルウェイ

ファンの間でも賛否両論が分かれているコーナーでした

元アンジュルムの和田彩花さんが1月21日、インターネット番組に出演し、明石家さんまさんのラジオ番組について苦言を呈した。

和田さんは、プロインタビュアー吉田豪さんのSHOWROOM番組「豪の部屋」にゲスト出演。吉田さんから「ヤンタン(編注:「MBSヤングタウン土曜日」の略。明石家さんまさんがパーソナリティーを務める)出てほしいなあ」「一つのコーナーでスイッチ入るでしょ?」と言われると、

「入りますよ!そこで私がガチで言っても、周りにいるメンバーはたぶんその考えはあんまり持ってないと思うんですよ。それに対して何も言えないし。でも私はそこは絶対的にありえないって立場なんですよ」

と語気を強めた。明言はしなかったが、ここで話題に上がった「一つのコーナー」とは、出演しているハロプロメンバーに、なんでもないセリフをセクシーに言わせる「ヤン娘。は癒せません」というコーナーだと思われる。ときに未成年のメンバーが出演することもあり、以前からファンの間でも賛否両論が出ていた。

「私はもやもやどころじゃない」

吉田さんも「僕はさんまさん大好きなんですけど、あのコーナーだけはちょっともやもやしていて」と同調したが、和田さんは

「え、私はもやもやどころじゃない」

と、真顔できっぱり意見していた。吉田さんは、

「時代の変化で、あそこはいろいろ変えなきゃいけないだろうなっていう風に僕は当然思っているんですけれど、まあ思いますね」

と、やや圧され気味だった。

また、番組収録そのものについても和田さんは、

「あんまりしゃべれないです、あそこの場に行くと。いつもあそこの場に行って、そんな楽しいって思って話はしてないです。(中略)しかもやっぱり、『すごいですねー』とかって言わないといけないから、そういうのってちょっと苦手だから」

と正直な感想を吐露。吉田さんから「あんまり掘らないほうがいいですかね」と言われていた。和田さんはそもそも性格的にさんまさんとは合わないようだ。和田さんは過去何回かヤンタンに出演。コーナーでは、さんまさんからだめ出しを受けていた。

「あやちょはロック」「みんな思ってることを言えるあやちょは凄い」

番組では、モーニング娘。'20の佐藤優樹さんについても話題が広がった。佐藤さんは昨年のヤンタン出演時、自身の写真集に水着のカットがないことをさんまさんから問われ、「(水着になることを)軽々しく考えている脳みそをどうにかしたほうがいい」などと回答。出演者を騒然とさせていた。和田さんは

「頑張ってほしいですね。まーちゃんそういうところはきっとうまくできますよ。うまくあのテンションで」

と応援していた。

ネットでは、匿名掲示板などで様々な意見が挙がり、「あやちょはロック」「みんな思ってることを言えるあやちょは凄い」といった声も出ていた。