筒香、米1年目へ内野も練習

「柔軟に対応したい」

©一般社団法人共同通信社

キャッチボールするレイズの筒香=大阪府内

 米大リーグ、レイズの筒香嘉智外野手が23日、自主練習を行っている大阪府内で、移籍1年目に向け「イメージ、予想と違うことが起こると思う。できる限りの準備を尽くして、日々起こることに柔軟に対応したい」と気負うことなく言った。

 新天地では内野を守る可能性もあるため、内野の守備練習にも時間を割いているという。ただ、基本的には、昨季までのプロ野球DeNA時代と変わらないメニューを黙々とこなしている。例年通りの仕上がりに「自分の体をうまく扱えるように、と思ってやっている。順調に来ている」と手応えを口にした。