リケジョの研究を応援! デヴィ夫人、たかの友梨らの自腹支援を獲得できるか?

©株式会社東京ニュース通信社

TBS系では1月29日に山里亮太がMCを務めるリケジョ応援バラエティー「私に研究費をください」(午後11:56)を放送。人類の未来のために日々研究に没頭する理系女性研究者=“リケジョ”が、人生の成功者であるお金持ち=“未来サポーター”から研究費を引き出すため、自らの研究をプレゼンする。

番組には4組のリケジョが登場。「海藻から化粧品を作りたいアイドル女子大生」「地球を救うため宇宙規模の問題に挑む女子大生」「アメンボ愛が止まらない仲良し女子高生3人組」「未来の乗り物を開発中のお母さん准教授リケジョ」。それぞれ自分の研究について一生懸命プレゼンするが、未来サポーターからの鋭い質問にタジタジに…。未来サポーターたちの提示する金額の合計がリケジョの希望額に達すれば見事研究費を獲得できるが、希望額に届かなければ1円ももらうことはできない。未来サポーターたちから「人間の生活に役に立つの?」「全然わからない…」などの厳しい言葉も飛び出す中、リケジョたちの運命は果たして?

リケジョに自腹を切って支援する未来サポーターは、芸能界のセレブ代表・デヴィ夫人、エステ界のパイオニア・たかの友梨、約140店舗のベーカリーを手掛けるパンの行列請負人・岸本拓也のほか、小林真之、菅原智美、吉井絵梨子の6人の成功者。また、パンサーの尾形貴弘とかまいたち(山内健司、濱家隆一)が、“リケジョ応援団”としてリケジョたちの研究現場を訪ね、驚くべき研究の実態や彼女たちの日々勤しむ姿をリポートしてプレゼンを後押しする。

収録を終えたMCの山里は「世の中のために頑張っている女性たちがいることを知って、うれしく頼もしく思いました。いろいろな才能が日本中にあって、必要なところにお金が行き渡れば世の中がもっと良くなるのではと、期待させてくれる番組です」とアピールし、「プレゼンからはリケジョたちの好きなこと、興味のあることを研究したいという真っすぐな思いが伝わってきました。彼女たちの研究をこの番組が後押しして、世紀の大発明につながったらすごい現場に立ち会ったことになるなぁと感じました。この番組をきっかけに、貴重な研究を支援するという文化が日本に芽生えるといいなと思います」と今後の展開に期待している。