鷹デスパイネ&グラシアルが2年契約延長 「まだまだ成長」「もう準備できている」

©株式会社Creative2

ソフトバンクのアルフレド・デスパイネ(左)とジュリスベル・グラシアル【写真:藤浦一都】

デスパイネらキューバ出身5選手は3月下旬に東京五輪予選のキューバ代表候補に選ばれている

 ソフトバンクのアルフレド・デスパイネ外野手、ジュリスベル・グラシアル内野手が来季も残留することが決まった。キューバの地元メディア「プレンサ・ラティーナ」が22日(日本時間23日)、それぞれ2年契約で更新したと報じた。

 同サイトはイヒニオ・ベレスキューバ野球連盟会長、ソフトバンクの松本裕一国際部部長の立ち合いのもと、デスパイネが首都ハバナ市内で契約書にサインしている写真や、2人がグラシアルと握手している写真を掲載。デスパイネは取材に訪れた地元メディアに対し、「ソフトバンクに感謝している。一生懸命プレーし、まだまだ成長したい。7年目の今シーズンは新たに優勝を目指したい」と抱負。グラシアルはキューバリーグのプレーオフ決勝でマタンサスを優勝に導いたばかりで、日本でのプレーについて「もう準備はできている」と語っている。

 また、この日、中日もライデル・マルティネス投手、育成のアリエル・マルティネス捕手と契約更新。新たにヤリエル・ロドリゲス投手とも育成契約を交わした。なおこの5選手はいずれも3月下旬に米国フロリダ州で行われる東京五輪のアメリカ大陸予選に出場するキューバ代表候補メンバーにも選ばれている。(Full-Count編集部)