高橋一生、恋人が「怪しい」発言をしたときの対応は... 「めちゃくちゃ巧い」テクニック披露

©株式会社ジェイ・キャスト

俳優の高橋一生さんが2020年1月22日、テレビ番組「TOKIOカケル」(フジテレビ系)に出演し、自身の恋愛テクニックを披露した。彼の恋愛観に、共演したTOKIOのメンバーから絶賛の声が上がった。

高橋一生の恋愛テクニックにTOKIOもびっくり(イメージ)

来たことないお店で「おいしかったよね」と彼氏が...

「待ち合わせで彼氏が誰かと電話をしていた時、どのような態度をとるのが正解か」という女性の質問に対し、電話の相手は誰だと問い詰めるよりは、いったんスルーしたほうがいいと答えた高橋さん。

相手が電話を切ったタイミングで「大丈夫?」と問いかければ「自然に聞き出せそうな気はする」と分析しながら、電話の相手を聞いてしまった時点で疑いの色が強くなるため、ここは気遣いを見せるべきだと話している。そして、恋愛は「全部言い方」と、相手を上手く誘導するのがコツであると助言した。

続いて「彼氏が私と来たことのないお店を『ここおいしかったよね』と言ってきたら、話を合わせるべき?『私とじゃないよ』と指摘すべき?」という悩みには「直接的な言い方ではなく、わざと話を合わせて間違いを悟らせるんですよ」と熱弁。その理由として「『あ、違った』と気づかせた方が相手にとってショックが大きいから」だと説明し、その巧みな話術でスタジオを驚かせる。

そんな彼の器用な恋愛テクニックに、TOKIOの国分太一さんは「めちゃくちゃ巧い」と尊敬の眼差しを送っている。また、松岡昌宏さんは「ちゃんと持っていってくれるね! エスコートしてくれるね!」「言葉のマジシャン」「紳士」と絶賛した。