天徳院に水のカーテン 文化財防火デー前に訓練

©株式会社北國新聞社

 26日の「文化財防火デー」を前に23日、加賀藩3代藩主前田利常の正室・珠姫(たまひめ)の菩提寺(ぼだいじ)、曹洞(そうとう)宗天徳院(小立野4丁目)で火災防御訓練が行われた。県指定文化財の山門前で、関係者が水のカーテンを作り、文化財を火から守る手順を確かめた。

 訓練は山門横のマツに落雷、出火したとの想定で、火の気を確認した天徳院自衛消防隊員が119番通報し、消火器で初期消火を試みた。消防隊員はマツに向かって放水するとともに、放水銃を使ってマツと山門の間に水のカーテンを作った。

 荒井徹成副住職と市中央消防署の小浦春基署長が講評した。荒井副住職は「文化財を後世に残すのは私たちの責務だ。一層注意して訓練を重ねていきたい」と話した。