橋本環奈『シグナル100』新進気鋭の監督がドリームチームと作り上げた衝撃作!

©株式会社クラップス

原作コミックの壮絶な描写に、連載当時から実写映画化不可能といわれた超問題作を、橋本環奈主演で映画化した『シグナル100』が、2020年1月24日(金)より公開される。

『バトル・ロワイアル』を彷彿?!

新進気鋭の監督がドリームチームで新たな衝撃作を誕生させる!

ある日、担任教師により自殺催眠をかけられた36人の生徒たちが学校内で繰り広げる、生き残りを賭けた狂気と絶望のデスゲームを描く本作。メガホンを取るのは、監督・脚本を手掛けた初の長編『さまよう小指』(14)が「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2014」で最高賞とシネガーアワードをW受賞した新進気鋭の監督・竹葉リサ。森山未来を主演に迎え、共同監督を務めた『オルジャスの白い馬』(20年1月18日公開)は、アジア最大級の釜山国際映画祭のオープニング作品に選ばれ、日本勢として16年ぶりの快挙を達成したことでも話題になった。

そんな竹葉監督が初めて劇場で観た映画が、近未来を舞台に中学生同士が生き残りをかけて殺し合う、深作欣二監督『バトル・ロワイアル』(00)。そのあまりの素晴らしさに衝撃を受けたのだと言う。「“自分が同じ状況下に置かれたら…”など様々な思いが駆け巡り、映画を通して臨死体験をしたように思いました。(『シグナル100』を)当時の自分と同じ10代の方が観て、楽しめるアトラクション感覚の映画にしたいと考えました。」と当時を振り返りながら、憧れの作品へのリスペクトを捧げた本作への思いを語っている。

そして『バトル・ロワイアル』同様、東映が制作を務めた本作には竹葉監督の熱意に応えるべく豪華スタッフが集結。音響効果には『バトル・ロワイアル』を担当した柴崎憲治を招聘したほか、脚本に『20世紀少年』シリーズ(08、09)、『GANTZ』シリーズ(11)、『ドラゴンボールZ 神と神』(13)、最近では『ザ・ファブル』(19)などのヒット作品を生み出してきた渡辺雄介、撮影には園子温監督作品を数多く手がけた『翔んで埼玉』の谷川創平、編集は『リング』(98)の高橋信之と映画界を代表するドリームチームを結成した。

また、出演陣も主演の橋本を筆頭に、小関裕太・瀬戸利樹・若月佑美・恒松祐里ら20代前半ながら演技力にも定評のある実力派キャストが集結。さらに、生徒たちを狂気と絶望のデスゲームに巻き込む教師・下部役を中村獅童が演じた。中村は『バトル・ロワイアル』でビートたけしが演じた教師役ともどこか重なるような一癖も二癖もある役を怪演。中村に果敢に立ち向かう役どころを演じた橋本は「下部先生役の中村獅童さんと対峙するシーンでは本当に飲みこまれるんじゃないかと思いました。だから自ずと、(橋本演じる樫村)怜奈が立ち向かっていく使命感に駆られました。一線を越えられたシーンだったと思います。」と中村との鬼気迫る対決を振り返り、20代最初の挑戦として臨んだ本作で到達した新境地に、大きな自信を覗かせている。

突如として始まる、生き残りをかけた生徒36人vs担任教師による最狂最悪のデスゲーム。それはまるで『バトル・ロワイアル』を彷彿とさせるかのように、血みどろで理不尽なまでに徹底的に絶望のどん底へ突き落され、翻弄されていく若者たちの姿が描かれている。そして徐々に露わになる生徒たちの本性は、SNSが発達して人間関係のあり方が変化した現代だからこそ、より生々しさを感じることが出来る。

ストーリー

担任教師の手により、突如として自殺催眠をかけられた 36 人の生徒たち。遅刻をする、電話をかける、涙を流す…ふだん行っ ていた行為が死を招く。その催眠発動(自殺)のシグナルは全部で 100。死の暗示を解く方法はクラスメイトの死のみ。生徒たち が続々と自殺に追い込まれる中、死への恐怖から人間の本性が徐々に暴かれていくー。催眠を解くのが先か、自分以外のクラスメ イト全員が死ぬのが先か!?生き残りを賭けた狂気と絶望のデスゲームがはじまる……!

作品情報

映画 『シグナル 100』
橋本環奈
小関裕太 瀬戸利樹/甲斐翔真 中尾暢樹 福山翔大 中田圭祐 山田愛奈/若月佑美 前原 滉 栗原 類 恒松祐里
工藤綾乃 中島 健 三上紗弥 鈴木つく詩 白石拳大 北村優衣 市川理矩 小出水賢一郎 さいとうなり 宮下一紗 安田啓人 神田 穣 東啓介 真崎かれん 駒形咲希 宗綱 弟 戸苅ニコル沙羅 吉田仁人 山本彩加 大森つばさ 河井つくし 中島来星 黒澤胤也 宮本夏花
中村獅童
原作:宮月 新・近藤しぐれ『シグナル 100』(白泉社・ヤングアニマルコミックス) 監督:竹葉リサ/脚本:渡辺雄介/音楽:Jin Nakamura
主題歌:yukaDD(;´∀`) 「Carry On」(ワーナーミュージック・ジャパン)
配給:東映 (C) 2020「シグナル 100」製作委員会
■公式HP:signal100.jp
■公式 Twitter/公式 Instagram:Signal100_Movie

⇒他の記事も読む