【使い切りレシピ】ブロッコリーの茎と調味料だけでできる超簡単・絶品「ザーサイ」

©株式会社サンケイリビング新聞社

子どもがいて、なおかつ、食べる時間帯がバラバラなわが家では、寒くなるとカレーやシチューなど、スープ系のメニューが多くなります。

その時に彩りや、付け合わせとして登場する野菜が「ブロッコリー」。

通年手に入る野菜なので、多めに買って一気に茹でておき、残ったら冷凍保存も可能。

栄養も高いブロッコリーは、離乳食でもお世話になるので、子どもがいる家庭の食卓には比較的多く登場する野菜だと思います。

出典:あんふぁんWeb

お弁当にも度々登場するブロッコリーさん

茎の部分はどう調理する?

そんなブロッコリーですが、みなさんは茎の部分はどうしていますか?

今までは「捨てる」、または「一緒に茹でて、サラダにして食べる」しか選択肢がありませんでしたが、子ども達は花の柔らかい部分しか食べないので、ママがいつも茎担当。

さすがにブロッコリーは、茎ばかりしか食べられないことに私が嫌気がさして、アレンジ方法を探したところ、おいしい食べ方を見つけました。

出典:あんふぁんWeb

母は茎処理班なので、飽きました。

ブロッコリーの茎のザーサイ

材料と作り方(ブロッコリーの茎1房分)

ブロッコリーの茎・・・1房

★中華だしの素(ウェイパー、鶏がらスープの素などでもOK)・・・小さじ1/3〜半分

★ごま油・・・少々

★塩コショウ・・・少々

1.ブロッコリーと茎と花の部分に分けて、まずは花部分を通常通り茹でます。

出典:あんふぁんWeb

2.花部分が茹で上がったら、茹で上がったブロッコリーを取り出し2mm程度に薄くスライスした茎の部分を茹でます。

出典:あんふぁんWeb

3.水気を切り、熱いうちにボウルに茹でた茎の部分、★の調味料を入れて和えて、冷蔵庫で10分程度味を染み込ませでば完成です。

出典:あんふぁんWeb

今回はこちらを使いましたー

出来立てより冷蔵庫で冷ますと、味がしっかり浸透します。

辛くないので子どもも「おいしい!」と食べていました。

出典:あんふぁんWeb

これだけでご飯が何杯もいけます!

ブロッコリー茹でるだけで2品作れたよ!

今では「茎ザーサイ」が夫婦でどハマりしています。

ブロッコリーの茎の使い方に迷われている方はぜひ、短時間で簡単に作れる1品ですし、ブロッコリーが苦手の人でも、元の野菜が分からないぐらい絶品なのでオススメですよ!

旬の野菜の使い切りレシピでした。

以上、考える人のポーズで「またうまいものを作ってしまった」と呟くと、普段はママの声が全然届いていてない子ども達(主に男子)がサーっと味見?食べ逃げしていくので、子どもの耳って不思議だなーと思うのでした。

<あんふぁんメイト 伊藤愛>

夫、長男11歳(小5)、長女9歳(小3)、次男8歳(小2)、三男6歳(保育園5歳児クラス)、次女3歳(保育園2歳児クラス)、四男0歳普段はWEBデザイナー、趣味のネイルは目指せプロ!指先美人で家族がハッピーに♪