車同乗の51歳男「借金あり生活苦」 いわき・車内に母子4遺体

©福島民友新聞株式会社

 いわき市の水石山公園駐車場に止まっていた乗用車内から母と中学生3人の計4人が遺体で見つかった事件で、けがを負って病院に搬送された男(51)が「借金があり生活に苦しんでいた」と話していることが23日、捜査関係者への取材で分かった。男が将来を悲観して無理心中を図った可能性があり、県警は男の体調の回復を待って殺人容疑で逮捕し、詳しく調べる方針。

 捜査関係者によると、男は22日午前1時30分ごろに「人を刺した」と通報。駆け付けたいわき中央署員に対し、金銭面で苦しんでいたことや「4人を刺して自分も死のうと思った」などと説明したという。男の説明を裏付けるため、同署は23日、同市の男の自宅や同じアパートにある死亡した吉川美奈子さん(43)宅を家宅捜索。吉川さんの自宅からはメモのようなものが見つかった。

 4人の遺体が見つかった車内からは包丁と短刀が1本ずつ見つかっているほか、車外には使用済みの練炭が置いてあった。死亡した吉川さんや息子で中学3年生の歩夢(あゆむ)さん(15)、双子で娘の中学2年生茅乃(かやの)さん(13)、海音(かいね)さん(13)の首には刺し傷があり、男も首や腹に刺し傷があったという。県警は遺体を司法解剖して詳しい死因を調べているほか、包丁や練炭と事件との関連も調べている。