「だしが決め手」 県削節工組が和食講習 松山の専門学校

©株式会社愛媛新聞社

かつお節を使い一番だしを取る学生(右)=23日午前、松山市勝山町1丁目

 県削節工業協同組合(伊予市、7組合員)は23日、松山市勝山町1丁目の愛媛調理製菓専門学校で和食料理講習を行い、調理師科の1年生約60人がだしの風味を生かした料理を学んだ。