光秀グッズコーナー新設 奥の細道記念館

©株式会社岐阜新聞社

新たに設置された、明智光秀にちなんだお菓子や酒を並べたコーナー=大垣市船町、奥の細道むすびの地記念館

 大河ドラマ「麒麟(きりん)がくる」の放送開始に合わせて、岐阜県大垣市船町の奥の細道むすびの地記念館内にある「お休み処 芭蕉庵」は、ドラマの主人公明智光秀にちなんだ土産物や特産品の販売コーナーを新たに設置した。

 コーナーには、光秀の出生地とされる山城の名を冠した日本酒「多羅城」や米粉を使ったゴーフレット「光秀公の俸禄米」、明智光秀の家紋が刻まれた焼き物「巨鹿コップ」など20品目を並べた。

 コーナーはドラマ放送期間中の設置を予定している。担当者は「来場者に合わせて商品を充実させたい」と話した。