新刊図書紹介

©株式会社VOTE FOR

図書館司書が選んだ注目の新刊を紹介します。

●「新松平定安公伝」
著者:寺井敏夫
発行所:山陰文藝協会
松江藩最後の藩主として幕末期を過ごした松平定安公。明治4年9月の離郷時には元藩士や領民2千人が吉佐でお見送りしたと言われています。安来市門生町常福寺にまつわる話にも触れられています。(山)

●「ブルガリアのごはん」(絵本世界の食事〔21〕)
企画・文:銀城康子
絵:萩原亜紀子
発行所:農山漁村文化協会
「絵本世界の食事」シリーズは、学校の調べ学習でも使われる人気のシリーズ。本書ではブルガリアを紹介。さまざまな料理にヨーグルトやハーブを使うなど、食文化や暮らし方の違いを楽しめる1冊です。(須)

●「星くずクライミング」
著者:樫崎茜
発行所:くもん出版
ポーツクライミングの選手だったあかり。手の故障によるスランプでやめようとしていたところ、パラクライミングと出会います。ブラインドクライマーの昴とナビゲーターのあかりの成長を描きます。(根)

●「親子で学ぶ世界遺産石見銀山」
編著:宍道正年
発行所:山陰中央新報社
世界遺産に登録されている石見銀山について、著者と小学生の会話形式で分かりやすく紹介した一冊。「おしえて石見銀山たんけん隊」「親子で石見銀山歴史散歩」の2編が収録されています。(中)

●「みちづれの猫」
著者:唯川恵
発行所:集英社
その猫は、どん底から這い上がるきっかけとなった。確かなぬくもりと、再び生きる勇気を与えてくれた。その寄り添える存在が、かけがえのないものとなった、猫にまつわるせつなくて、愛しい短編集です。(田)

●「永遠に刻みたいイチロー262のメッセージ」
著者:永遠に刻みたいイチロー262のメッセージ編集委員会
発行所:ぴあ株式会社
野球選手として数々の記録を残したイチロー選手は、数々の名言も残しています。本書は2013年~2019年3月の引退までに語られたイチローからの「夢をつかむヒント」をくれる言葉を紹介します。(川)

●その他新刊図書(NEW)
・くるまのなかには?石橋真樹子
・まち小野寺史宜
・うたかた姫原宏一
・小さな場所東山彰良
・クラシック名曲全史松田亜有子
・はい、さようなら。瀬戸内寂聴
・宇宙から帰ってきた日本人稲泉連
・「水だし」って、すごい!武蔵裕子
・令和の力、万葉集の力中西進
・2020年版山陰企業年鑑山陰政経研究所
・お父さんのための子育ての教科書七田厚
・その他の新着
安来図書館情報検索

●内田洋彩水墨画展
日時:2月13日(木)~29日(土)図書館開館時
場所:安来市立図書館会議室
内容:市内在住の内田洋彩さんの水墨画(山陰の風景)、ミニチュアドールハウスの展示

●レファレンスサービスをご利用ください
図書館で、調べたいことや必要な資料をどのように探したら良いか分からないときはありませんか。
このサービスは、「○○の事例について知りたいのですが、どんな資料に載っていますか」などと言っていただくと、必要な資料を検索して提供するものです。
お困りのときは、ぜひご利用ください。

問い合わせ:
・安来市立図書館
【電話】0854-22-2574
・ひろせ図書室
【電話】0854-32-4455
・はくた図書室
【電話】0854-37-0050