小学生の感性キラリ

北海道出光お絵かきコンテスト、室蘭で入選作品など展示

©株式会社室蘭民報社

「笑顔」や「石油」をテーマとした児童たちの絵が並ぶ作品展

 北海道出光会と出光興産主催による道内の小学生を対象にした「第11回北海道出光こどもお絵かきコンテスト2019」の入選作品展&特別展が23日から、室蘭市中島本町のモルエ中島で始まった。「笑顔」や「石油」をテーマにした子どもたちの作品が並んでいる。26日まで。

 全道各地の小学生から7735点の応募があった。1~3年の低学年の部が「笑顔のチカラ」、高学年の部が「北海道で活躍する石油」をテーマにして描いた入選作品86点と西胆振管内の児童の作品100点が展示されている。

 低学年の部で佳作賞を受賞した室蘭市知利別小2年の松浦彩葵さんは、妹と一緒に行った夏祭りで浴衣を着て楽しんだ様子を絵にした。同市八丁平小3年の津波古那緒さんは魚釣りに行き、大きな魚を釣り上げ喜んでいる自分を描いた。買い物客らが足を止め「よく描けているね」と目を凝らしていた。