「自分の名前に飽きた」佐野元春がダウンタウンに斬新すぎる名前を披露!

©株式会社東京ニュース通信社

1月24日放送のフジテレビ系「ダウンタウンなう」(金曜午後9:55)の人気企画「本音でハシゴ酒」に佐野元春がゲスト出演する。

「本音でハシゴ酒」はダウンタウン(浜田雅功、松本人志)と坂上忍の3人が、豪華ゲストたちとお酒を飲みながら本音で語り合う人気企画。その人気企画に今年デビュー40周年を迎えるロックミュージシャンの佐野元春が登場する。3年前からの出演オファーが実を結び、彼の大ファンである坂上は「今までで一番うれしい」とお店に着く前から感慨深げに。テレビにほとんど出演しない佐野がバラエティー番組に出演するのは11年ぶりのことで、ミステリアスな彼の素顔を明らかにするべく、誰も聞けないうわさの数々をぶつけまくる!

まず、事務所スタッフからは「佐野は最近、自分の名前に飽きたらしい」という証言が飛び出す。佐野は“佐野元春”という名前が本名だと明かした上で、「40年も佐野元春という名前でやっていると、自分の名前に飽きてきます」と語る。あっけらかんとしたその様子に、松本は笑いつつも「芸名ならわかるけど!」とつっこむ。気分を新しくするために新しい名前に変えたいと話す佐野は、自分で考えた新しい名前を披露するが、あまりにも斬新なその名前に、一同は大爆笑する。

また、幼い頃から「鉄腕アトム」の大ファンである佐野は、それについて熱弁。「子どもの頃、鉄腕アトムは自分だと思っていた」と話すと、言葉の真意がつかめない浜田たちはきょとんとした顔に。その後もゆったりとした語り口で、一同を“佐野元春ワールド”へ引き込んでいく。そして鉄腕アトムと自分を重ねていた彼が「家が壊れるくらい泣いた」というエピソードも打ち明ける。さらに、「鉄腕アトム」好きが高じて、手塚治虫氏の家に行ったことがあるそうで、当時小学生だった彼と手塚氏の意外な接点が明らかになる。漫画界の巨匠と伝説のロックミュージシャンとの貴重なエピソードとは?

ほかに、天然キャラで大ブレーク中の青森のご当地アイドル「りんご娘」のリーダー・王林が登場。現在も青森を拠点としており仕事のたびに上京、「東京になじめない」と語る彼女だが、メンバーの暴露によって“東京に染まっている疑惑”が浮上する。さらに、禁じられた片思いの相手が登場し、公開告白!?