「JOHNNYS’ IsLAND」に密着! King & Princeが継承する“Show must go on”の魂

©株式会社東京ニュース通信社

1月24日に放送するフジテレビの「連続ドキュメンタリー RIDE ON TIME」(金曜深夜0:55、関東ローカル)は、デビュー2年目も快進撃を続けるKing & Princeの特別編をおくる。東京・帝国劇場で平野紫耀、永瀬廉、髙橋海人の3人が出演中の舞台「JOHNNYS’ IsLAND」をはじめ、多忙を極めるグループの活動に密着する。

「JOHNNYS’ IsLAND」は、ジャニー喜多川氏が生前、エンターテインメントの集大成と位置付け創り続けたシリーズ10作目。かつてはHey! Say! JUMPやSexy Zoneなどあまたの先輩たちが演じてきた。その伝統の舞台を平野、永瀬、髙橋が引き継ぎ、平均年齢15.5歳の出演者の座長として使命を背負い、舞台に立っている。テーマは、ジャニー喜多川氏が生前訴え続けた平和の尊さや楽しみにしていた東京五輪など。さらにジャニー喜多川氏が常々口にしてきた言葉「Show must go on」の本当の意味を見つけるというテーマが新たに加えられている。

実は、King & Princeのメンバーも、ジャニー喜多川氏から直接「Show must go on」の意味について聞いたことはないという。番組では、その言葉をどのように捉えているのか、それぞれにインタビュー。平野は「SHOWをしていることが平和であり、平和だからSHOWができる。それを絶やさないという意味でもShow must go onなのでは」と解釈。永瀬は「ジャニーさんは、あえて意味を言わなかったのではないか。その深い意味は自分たちで解釈して、自分の判断で動くことなのでは」と話す。そして最年少の髙橋は「デビューしてファンが付いてくれたことで、ひとりの人間としての夢ではなくなったから、SHOWはもちろん、アイドルとしての人生を続けていかなければいけない」と話した。

また3人は、この舞台でおのおのが必死に自らと闘っていた。髙橋は、舞台に欠かせない戦場の場面をダンスで表現するという難題を自分に課し、戦争の痛ましさ、平和の大切さと向き合う。永瀬は、太鼓やダンスの振り付けで苦戦するも、何度も繰り返し練習を重ね、見事にものにしていく。平野は、ジャニー喜多川氏が亡くなって初めて迎える「JOHNNYS’ IsLAND」で、大切な人を亡くす喪失感を歌った曲の途中、その歌詞に思いが重なり嗚咽(おえつ)を漏らす場面もあった。そして、仲間が全身全霊をささげて出演するこの舞台を見に来たメンバーの岸優太と神宮寺勇太。2人の来場をあらかじめ聞いていた髙橋は、劇中でKing & Princeのデビューまでの道のりをセリフとして語り、岸と神宮寺はその言葉に涙を浮かべる場面も。デビュー2年目もアイドルの王道を歩んでいる彼らの影にある、地道な努力を描く。