ローム創業者の佐藤研一郎氏が死去 88歳、大手半導体メーカー育てる

©株式会社京都新聞社

佐藤研一郎氏

 半導体大手「ローム」(京都市右京区)の創業者で、同社取締役の佐藤研一郎氏が15日、京都市内で死去した。88歳。自宅は非公表。葬儀は近親者で済ませた。社葬や「お別れの会」などは予定していない。

 佐藤氏は東京都出身。立命館大理工学部の在学中に抵抗器を独自に考案し、卒業後の1954年に京都・西陣で「東洋電具製作所」(現ローム)を個人創業。58年に会社を設立して社長に就いた。
 半導体の研究を経て主力の集積回路(IC)の開発に成功。メーカーの注文に応じて設計する「カスタムIC」で業績を拡大し、家電や携帯電話、自動車などに用途を広げた。
 2010年の社長交代で取締役を退任して名誉会長に就いたが、16年に取締役に復帰。経営環境の変化が激しくなる中、役員らに助言していた。
 かつてピアニストを志していたため音楽への造詣も深く、91年には音楽財団「ロームミュージックファンデーション」を設立。全国の若手音楽家を支援した。京都大や立命館大には研究施設を寄付。京都会館(左京区)改修後の命名権を市から取得し、15年に「ロームシアター京都」として生まれ変わった。