赤ちゃんにナカムラ、アフガン

中村医師ちなむ

©一般社団法人共同通信社

アフガニスタンの首都カブールで、ナカムラ・ムスリムヤールちゃん(中央下)に「笑って」と話し掛けるきょうだいら=22日(共同)

 【カブール共同】アフガニスタンの首都カブールの市民が、昨年12月4日に同国で殺害された福岡市の非政府組織(NGO)「ペシャワール会」現地代表の医師中村哲さんにちなんで、事件2日後に生まれた男の赤ちゃんを「ナカムラ・ムスリムヤール」と名付けた。命名した父サミウラさん(39)は「人々に尽くす息子になってほしいから」と理由を述べた。

 サミウラさんは中村さんがかんがい事業を手掛けた東部クナール州の出身。中村さんの事件を知って「悲しくて悔しくてたまらなかった」と振り返り、息子が生まれてすぐに「中村さんの功績を忘れてはならない」と命名を決意した。