ダカールラリーに登場した電動SUV“オデッセイ21”、ドライブしたケン・ブロックは「新スタイルを発見」

©株式会社サンズ

 カルロス・サインツ3度目の総合優勝で幕を閉じた2020年のダカールラリー。その最終区間となる1月17日金曜の全長20kmステージで、2021年からの創設を目指す『Extreme E(エクストリームE)』シリーズのワンメイク電動SUV”オデッセイ21″が初走行。その栄えある競技デビューをケン・ブロックが担当し、電動車両の走行経験から「新たなスタイルを見い出した」と語った。

 ABBフォーミュラE選手権の創設者兼CEOでもあるアレハンドロ・アガグが提唱し、世界のあらゆる遠隔地で過酷な地球環境を相手に競技を繰り広げる電動SUVによる新シリーズ、『Extreme E(エクストリームE)』。その2021年シリーズラウンチに先立ち、初年度に採用されるワンメイク車両のオデッセイ21が、初の中東サウジアラビア開催となったダカールラリーに招待され、一足先に本格競技デビューを果たすこととなった。

 そのステアリングを託されたのは、WRC世界ラリー選手権への参戦経験も持つYouTube界のスター、ジムカーナ・シリーズでもおなじみのケン・ブロックで、2020年ダカールラリー最終ステージのうち”Qiddyah Grand Prix(キディヤ・グランプリ)と名付けられた全長20kmのスペシャルステージ区間で、初めての電動オフロードマシンをドライブした。

 ブロックは最終ステージ前日の木曜に現地入りし、簡単なガイダンスとほんのわずかな走行時間のみで、アラビア砂漠に広がる砂地と岩の世界へと飛び出していった。

「これが私にとって初めての電動車両になる。そしてサウジアラビアに来るのも、ダカールラリーに挑戦するのも初の経験だ。本当に初めてだらけの1日になったが、今日を通じてある程度のことがわかったよ」と、ステージを終えたブロックは興奮冷めやらぬ様子で振り返った。

簡単なガイダンスとほんのわずかな走行時間のみで、アラビア砂漠に広がる砂地と岩の世界へと飛び出していったケン・ブロック
2020年ダカールラリーのシェイクダウンで走行を担当したゲラン・シシェリ

「私のこれまでのキャリアを通じて、そのほとんどでターボエンジンのマシンをドライブしてきた。それらに共通するテクニックとして、左足ブレーキを多用してタービンの回転数を保ち、コーナーからの脱出でなるべくブーストを保つ、というようなスタイルで走ってきた。でもこのEVマシンは、まったく異なる技術が必要なんだ」

「この砂漠ステージでのEVマシンは、さらに積極的で迅速なスロットル操作が可能で、そのことで踏み始めをさらに待つことができる。これはスロットルに触れた瞬間、即座にトルクの供給が実現するためで、すべてのものごとが瞬時に進むんだ」

「マシンの反応が驚異的にクイックで、電力によるパワーデリバリーが圧倒的なスピードを誇っているから、私は自分のスタイルを少し”トーンダウン”する必要があったよ」

「とにかく、信じられないほど楽しかったし、満喫した。オデッセイ21は本当に印象的で、このサイズのマシンがダートの上にもかかわらず、0-60マイル(約96km/h)を4.5秒でこなすんだからね。私が普段、競技で乗っているような小型モデルと大差ないパフォーマンスと加速を見せるのが本当に痛快だったよ」

 そのブロック走行の約2週間前、1月5日のダカールラリー開幕直前にシェイクダウンでも走行を行ったオデッセイ21だが、その際にはWorldRX世界ラリークロス選手権に自らのチーム、GCコンペティションで参戦するゲラン・シシェリがドライブを担当。

 X-raidのBMWやMINI、4輪バギーなどで幾度もダカールラリーに挑戦してきたキャリアを持つシシェリの知見も踏まえ、今回のテストプログラムとそのフィードバックをもとに、今後もパワートレインを担当するWAE(ウイリアムズ・アドバンスド・エンジニアリング)、車体の基本設計を受け持つSRT(スパーク・レーシング・テクノロジーズ)らが、車両の開発作業を続けていくことになる。

ケン・ブロックも「マシンの反応が驚異的にクイック」と、EV車両特有の個性を体験した
今後もパワートレインを担当するWAE、車体の基本設計を受け持つSRTらが、車両の開発作業を続けていく