【レビュー】主演・宮沢氷魚。リアルな強い希望を宿す今泉力哉監督の新作『his』

©株式会社リライアブルピーアール

ゲイであることを知られるのを恐れ、ひっそりと田舎でひとり暮らしをする迅(しゅん)の前に、別れた恋人の渚が6歳の娘・空を連れて突然やってくる。

「なんとなく会いたくなったんだよ」

「その前になんで来たの? こんなとこ来ていいの? なんか勘違いしてない?」

何の変哲もない元恋人同士による8年ぶりの再会のやりとり。

『愛がなんだ』『アイネクライネナハトムジーク』といった作品で日本映画に新風を吹かせた今泉力哉監督の新作『his』はLGBTQ映画ではあるが、主人公である男性同士のカップルは、美化されることもなく、過剰なわけでもなく、どこにでもいるカップルとして描かれる。

自らの気持ちに嘘がつけなくなり、妻・玲奈と離婚することにした渚。娘・空の親権を巡る裁判が始まる。

渚はゲイなのでそもそも玲奈に対して恋愛感情はないが、子供ができたことを機に家族になると決意し、苦楽を共にしてきた故に深い情はある。

『マリッジ・ストーリー』もそうだったが、離婚裁判は仮にも一度は心を寄せあったふたりの仲を他人が介入するによって、ズタズタにしようとする。

『his』には悪人が出てこない。

敢えて挙げるとしたら、自分のキャリアに邁進するあまり、育児をおろそかにせざるを得なかった玲奈を糾弾する母親くらいだ。

しかし、渚と玲奈の結婚生活は、主夫である渚が育児をすることでしっかり回っていた。玲奈の母親は「多様性」と対極にいる昔ながらの体裁の象徴なのだ。

『his』は、体裁を経験していない幼い空が度々有無を言わさない正解を提示することで、それが現代社会においていかに枷でしかないかを際立たせている。

空も含めた3人の生活を続けたいと願う迅と渚。

猛烈な切なさと痛みを宿しながら、善意が力を持つ社会であろうとする方向に物語は進んでいく。

とてもフラットに現代社会を描きながら、リアルな希望のエネルギーを発しているところに強く揺さぶられる。

映画『his』 あらすじ

井川迅は周囲にゲイだと知られることを恐れ、ひっそりと一人で田舎暮らしを送っていた。そこに、6歳の娘・空を連れて、元恋人の日比野渚が突然現れる。「しばらくの間、居候させて欲しい」と言う渚に戸惑いを隠せない迅だったが、いつしか空も懐き、周囲の人々も三人を受け入れていく。そんな中、渚の妻・玲奈との離婚調停が進んでいく・・・次第に迅たちは、玲奈の弁護士や裁判から心ない言葉を浴びせられ、自分たちを取り巻く環境に改めて向き合うことになっていく――。

■出演:宮沢 氷魚 藤原 季節 松本 若菜 松本 穂香
■監督:今泉力哉
■企画・脚本:アサダアツシ
■音楽:渡邊 崇
■配給・宣伝:ファントム・フィルム

©2020 映画「his」製作委員会