トルコ東部で地震18人死亡

500人超負傷、M6.7

©一般社団法人共同通信社

地震で損壊した建物を見る人たち=24日、トルコ東部エラジグ(AP=共同)

 【イスタンブール共同】米地質調査所(USGS)によると、トルコ東部で24日午後8時55分(日本時間25日午前2時55分)ごろ、マグニチュード(M)6.7の地震があった。建物が倒壊するなどして、政府当局によると、18人が死亡し、500人以上が負傷した。約30人ががれきの中に取り残されたとみられ、救出活動が続いた。

 USGSによると、震源地は東部マラティヤ県ドアンヨルの東北東4キロで、震源の深さは10キロ。隣接するエラズー県でも被害が出た。災害救助当局によると、M2.7~5.4の余震が計30回以上観測された。