「鬼滅の刃」「刀剣乱舞」…コスプレイヤー殺到の旅館にマツコも感心!

©株式会社東京ニュース通信社

日本テレビ系で1月25日に放送する「マツコ会議」(土曜午後11:00)では、コスプレイヤーが殺到する栃木県のコスプレ歓迎旅館「石川荘」から中継を行う。

同番組は、話題となっているディープな場所と中継を結んだ会議を開き、総合演出のマツコ・デラックスが、その知られざる内容を深掘りするバラエティー。「石川壮」は、栃木県那須町にある創業50年以上のアットホームな旅館。長い歴史を誇る旅館がなぜコスプレイヤーに人気なのか、その理由に迫る。早速コスプレ姿で出迎えてくれた若おかみに話を聞くと、彼女は旅館の娘で、元々コスプレイヤーだという。そんな彼女は3年前から旅館の売り上げ向上のために“コスプレプラン”を作り、コスプレの撮影目的で訪れるお客さんは割引料金で宿泊できるなど、コスプレイヤーにはうれしい待遇で冬場の閑散期でも売り上げが伸びたと明かす。

また、旅館の利用客が那須の観光名所でコスプレの撮影ができるように、地元の自治体などに逐一撮影申請をし許可をもらっているという話に、マツコは「うまいこと考えたわね、若おかみ。これはみんな行きたがるわ」と感心しつつ、市町村や土木事務所の意欲的な姿勢には「コスプレってスゴい市民権を得たのね」とコメント。また、若おかみの影響でコスプレイヤーになったという夫も登場するが、彼の独特なキャラクターにマツコが思わず困惑するシーンも。

続いては、今話題の人気漫画「鬼滅の刃」のコスプレをしている新婚夫婦に話を聞くことに。彼らが「石川荘」を利用する理由は、周りにいろいろなロケーションがあり、コスプレするキャラクターに合わせてさまざまな場所で写真撮影できるところが魅力的だからという。コスプレ衣装などはインターネットで購入し、夫婦で年間40万円ほどコスプレに費やしているという2人の話に、マツコは「想像よりも安いから、コスプレってそれだけでもう産業として成立しているのね」とビジネスとしてのコスプレ業界にも興味津々。コスプレイヤー夫婦に続き、人気ゲーム「刀剣乱舞」のキャラクターに扮(ふん)したコスプレイヤーとカメラマンの夫婦にも遭遇。コスプレイヤーのかっこいい見た目からは想像できないギャップのある設定にマツコがついていけない場面も。

ほかにも、スタイル抜群の女性コスプレイヤーに番組スタッフがスタイルについて質問すると、「人から見られる側になるので、徐々に意識しながら痩せていく」と答える。それを受けたマツコは、「アタシも思いっきり見られる側になるはずなんだけど…」と動揺しつつ、コスプレ衣装は1万円ほどで手作りしているという彼女の話には、「女装と似てる。アタシも自分で衣装作ってた時代があった。どんどんうまくなって、本当に発注受けて作るようになった人もいっぱいいるから、コスプレする人たちは何か共通するものを感じるわね」とコスプレとのシンパシーを感じていた。