「こども館」で子育て世代の就労支援 全国初、4月開設 郡山

©株式会社福島民報社

覚書を交わす品川市長(左)と岩瀬局長

 郡山市のこども総合支援センター・ニコニコこども館内に四月下旬、子育て世代の就労を支援する「マザーズコーナー」が設けられる。子育て支援施設内でのコーナー設置は全国初。

 マザーズコーナーは子どもの遊び場を設け、仕事と子育ての両立がしやすい求人情報を提供する。ニコニコこども館は子育て・教育相談窓口や図書館、屋内外の遊び場などを備える施設で、育児から就職まで総合的な相談の受け付けが可能になる。市内島二丁目のハローワーク郡山マザーズコーナーを移転する。

 市と福島労働局が二十四日、同館で覚書を締結した。品川萬里市長と岩瀬信也局長が覚書に署名し、取り交わした。

 ハローワーク郡山マザーズコーナーの開設時間は平日の午前十時から午後六時半まで。ニコニコこども館への移転後の開設時間は平日の午前八時半から午後六時までとなる予定。