新型肺炎、1300人超感染

中国で春節厳戒、死者41人

©一般社団法人共同通信社

新型肺炎の影響で縁日「廟会」が中止された北京中心部の地壇公園。警備関係者だけが目立った=25日(共同)

 【北京共同】中国政府は25日、新型コロナウイルスによる肺炎の死者が中国本土で41人となり、発症者は1287人になったと発表した。重症者は237人に上る。感染者は欧州とオーストラリア、マレーシアでも初めて確認され、日本や香港などを含め、世界で1300人を超えた。中国は25日、観光地の臨時休業や行事の中止が相次ぐ異例の春節(旧正月)を迎えた。

 中国政府は感染阻止のため厳戒態勢を敷き、伝統的な縁日「廟会」は中止となった。上海ディズニーランドも一時閉鎖された。

 中国メディアは25日、湖北省武漢市の病院の医師が同日死亡したと報じた。新型肺炎の疑いがあるという。