ボルダリングの体験教室

©株式会社テレビ山梨

東京オリンピックで新種目として採用されたボルダリングを体験する教室が山梨県甲斐市で開かれました。
この体験教室は甲斐市が企画したもので市内に住む小中学生18人が参加しました。
ボルダリングはホールドと呼ばれる突起物がついた壁を道具を使わずに登る競技で東京オリンピックの新種目にもなっています。
参加者は次に手や足をかけるホールドを見極めながら約4メートルの高さの壁を楽しそうに登っていました。
兄弟で参加した小学生の男の子は「最初は怖くて簡単なところしか登れなかったけど、最後には難しい所にも挑戦でき楽しかった」と話していました。