木村壮大2019年ベストルアーは“何もしなくても誘い続けてくれる”アジングワーム『テトラワークス バーニー(デュオ)』

©株式会社 内外出版社

ルアーマガジン・ソルト読者投票によるその年の人気タックルを決めるランキング企画「タックル・オブ・ザ・イヤー(T.O.Y.)」。
もちろん、雑誌や動画など、各種メディアで活躍するプロアングラー達にもT.O.Y.が存在する! 今回は関東を代表する激戦区、横浜・横須賀を中心とし、東京湾エリアのライトゲームに精通しながらもストイックなまでにパターンや釣法を探求し続ける求道者が選ぶ2019年最も印象深かったルアーをご紹介!

釣道を極めんとする真の求道者

【Profile】
木村壮大(きむら・そうだい)
横浜界隈で主にアジを狙うライトゲーマー。釣った後の変顔でひょうきんな印象を抱かれがちだが、釣りに対する姿勢は超ストイック。釣れたパターンに確実性が持てないと気が済まないため、風が吹いただけでキャストしなおすことも。

木村壮大が選んだ2019年“俺のT.O.Y.ルアー”『テトラワークス バーニー(デュオ)』

何もしないでも繊細に誘い続けてくれるワーム

木村「テトラワークスのアジング用ワームはそれぞれ明確な役割を持って使い分けていますが、このバーニーは明らかに何もしない釣りに強いんです。2本の繊細なテールが、ボトムステイや潮に乗せて漂わせているだけでもこちらの意図しないナチュラルアクションでアジを誘ってくれます」

夏のボトムでサイズアップを狙う、リフト&フォール&ステイ。

木村「昨年の夏、取材中に発見したパターンの話なんですが、季節柄、表層で小アジが釣れるだろうと想定していました。そんな中、釣りをしながら解説をしていて半ば放置しているとき、そろそろ着底だよなと思っていたら急にアタリがあって夏にしてはいいサイズのアジが釣れたんです。そこで色々と試してみたところ、ボトムステイで喰ってきていることがわかりました

木村さんは冬の釣りでもボトムステイの釣りをやりますよね。

木村「そうなんです。ところが、ちょっと方法が違いまして、真冬は何もせずに最大2分近く放置するのですが、その時は着底後、1~2回リフト&フォールさせてからのステイ。色々と考えて分かったのは、どうやらアジは、ボトムで泳いでいるバチを喰っていたようなんです」

その時に活躍したワームというのが?

木村テトラワークスのバーニーです。ボトムでバチとなるとストレートタイプのピピンもよさそうですが、バーニーの方が明らかに反応がよかったですね」

木村「新しいパターンの釣りってなかなか見つけられないのですが、今回のパターンは本当に確実に違いが出るものでしたよ!」

木村壮大の“裏”T.O.Y.『テトラワークス バーニー(ソリッド系カラー)』

木村「ボトムで泳ぎ回っているバチの動画を見たことがあって、それが今回のパターン確立のヒントになりました。バーニーのカラーですが、バチは透明感が無いので、ソリッド系のカラー(スノーゴールド、ホッコクアカエビなど)がおすすめです!

[ アルバム : 【木村壮大2019TOY 写真】 はこちら ]