15人制ラグビー 長崎北陽台 対 海星 26日決勝 

©株式会社長崎新聞社

【15人制準決勝、長崎北陽台―長崎南山】前半6分、ゴールラインに迫る長崎北陽台のナンバー8大町尚=大村市、県営放虎原ラグビー場(上) 【15人制準決勝、海星―長崎北】後半1分、海星のFB諸山が中央にトライ=大村市、県営放虎原ラグビー場(下)

 ラグビーの15人制は長崎北陽台が4年連続、海星が4年ぶりに26日の決勝進出を決めた。準決勝で長崎北陽台は長崎南山から5トライを奪って29-0、海星は長崎北に2トライを先行されながらも40-28で逆転勝ちした。
 第1シードの長崎北陽台は接点の強さをはじめ、総合力で長崎南山を上回った。FWが優位に立ち、バックスが速いテンポで展開。持ち味の堅守も機能した。主将のナンバー8大町尚は「ミスが出たのは反省点だけど、ボールを動かしながらやりたかったことはできた」と手応えを口にした。
 海星はFB諸山やSO鍬取らバックス陣の走力を生かして後半に猛攻。14-14の後半5分に逆転トライを決めると、一気に流れを持っていった。決勝へ向けて主将の諸山は「長崎北陽台は格上だけど、ディフェンスで食らいついて、強みのバックスで勝負したい」と気を引き締めていた。