日本でも人気の食器を求めて~食器の街へ~

©株式会社サンケイリビング新聞社

こんにちは。

日本も寒い日が続いていますか?

今はロンドンも日本と同じくらいの気温です!

早く暖かくならないかな~と春を心待ちにしているマロンです。

今回は『イギリスの食器』をご紹介したいと思います。

イギリスブランドの食器と言ったら「ウエッジウッド」を思い浮かぶ方が多いと思います。

確かに私もそうでした。

しかし、今回は日本でも人気になってきている「Burleigh(バーレイ)」を主に紹介したいと思います。

日本でも高島屋や専門店で売られているようです。

せっかくイギリスに来たのでイギリス食器でも買いたいな~と思っていました。

日本でも高価なウエッジウッドはこちらでもやはり高価なのです...。

しかーーーし、イギリスには陶器の街と呼ばれる場所があり、そこでお値打ちに高級食器が買える!ということなのです^^

それはラッキーということで早速行ってきました。

場所はロンドン市内から電車で1時間半、車だと3時間弱ですのでなかなか遠いので気軽に何回も行ける・・・という感じではないのです。

今回っきりになりそうですがその分めいいっぱい楽しんできました。

場所は「Stoke-on-Trent」という駅が最寄駅です。

出典:リビング名古屋Web

ロンドンからかなりの距離があるので結構田舎です。

アクセスもあまりよくなく、食器以外は何も?ないとのことです。

バスも一応あるようなのですが、時間が読めず娘も一緒でしたのでゆっくりはできないと思い今回はタクシーで周ることにしました。

まず駅を出ると、「ウエッジウッド像」がありました!!

さすが陶器の街!!いきなりテンション上がりますね~。

出典:リビング名古屋Web

ということで最初はウエッジウッド&ロイヤルドルトンのアウトレットに行きました。

タクシーで10分ほどでした。

思っていたより広々としていましたがやはりこれ以外何もなし。

食器目当てで来たので満足です^^

ウエッジウッドはそれほどお値打ちになっていなかったのですがロイヤルドルトンのシンプルなお皿が£3~(500円)くらいで買えました!

こちらはデイリー用でいいなと思い何枚か購入しました。

他にはせっかくなのでシャンパングラスやワイングラスもそろえてしまいました~。

結局持って帰る量ではなくなってしまったので郵送にすることに。

郵送代も良心的で1段ボール£5くらいでした。助かる~。

次の移動もタクシーです。ブランドごとに少し場所が離れているのです。

そして、待ちに待った「Burleigh(バーレイ)」です。

イギリス駐在妻の間ではなぜかこのBurleigh(バーレイ)が人気です。

私も最初そんなに興味はなかったのですがいろいろ調べたりしていると、素敵!そして、実際の食器を見ても素敵だったのです。

ブルーやレッド、ブラックやグリーン日本のお家で使っても合いそうな色と柄なのです。

Burleigh(バーレイ)の創業は約160年前(ヴィクトリア期)で当時から変わらない伝統技法の「銀版転写」を持ちいた職人技のて陶器ブランドです。

そ、そんな昔からあるブランドなんて奥深い・・・。

工場の老朽化が進み、保護を目的にチャールズ皇太子財団に買い取られたようです。そして膨大なお金をかけて2014年にリニューアルオープンをしました。

それでも職人たちが昔のまま手作りで作られているなんで素敵^^

私もお家で使ってみたいな~と思いました。

Burleigh(バーレイ)はコレクションになっていて全部で12種類。色違いを合わせると20種類以上になるようです。

全部ご紹介したいのですが今回私もそろえた「Blue Calico(ブルーキャリコ)」を紹介したいと思います。

こちらはBurleigh(バーレイ)の代表作。やはり食器初心者は定番を・・・。

こちらの柄は工場の正面の壁にもなっているのです。

出典:リビング名古屋Web

中に入ってみると思ったよりコンパクト。

2階もあり、ワークショップができるスペースがありました。

出典:リビング名古屋Web

子供たちも参加できるようで娘もそれなりにできるようになったら一緒にやりたいな~と思いました。

2階はテーブルコーディネートもされていてやっぱり素敵でした。

出典:リビング名古屋Web

家の食器をこんなにブルーでまとめたことはなかったのですが実際に見てみるとたしかにカジュアルにもパーティー仕様にも使えそう。

全体に柄なのですが上品に見えるのもGOOD^^

いろいろな色や柄と迷いましたが夫もこのBlue Calico(ブルーキャリコ)が気に入ったようでこのシリーズをそろえて買っていくことにしました。

お値段は50%オフまではいきませんでしたがそれなりにお値打ちになっていたので満足です!!

早く自分のお家でも使ってみたい^^ワクワク^^しながら帰路に着きました。

日本でも素敵な食器は沢山あるのですが今回はせっかくイギリスに住んでいたのでイギリスブランドの食器をそろえてみました。

マグカップだけでも!パスタ皿やスープ皿だけでも素敵だと思うデザインです。

皆さんも日本でお見かけした時に是非、お手に取ってみてください。