【ラ・リーガ】バルサが敵地メスタージャに沈む…2発完敗でセティエン体制早くも初黒星

©株式会社 LIVE SPORTS MEDIA

現地時間25日にラ・リーガ第21節が行われ、バルセロナが敵地エスタディオ・メスタージャでバレンシアと対戦した。

【コパ・デル・レイ】4回戦組み合わせが決定!香川擁するサラゴサがレアルと激突

攻撃的なポゼッションサッカーを標榜するキケ・セティエン監督の下、今試合も3バックを採用したバルサ。新システム浸透に時間がかかる中、開始まもない時間にジェラール・ピケがペナルティエリア内でファウルを犯し、PKを献上してしまう。絶体絶命のピンチとなるも、マキシ・ゴメスのシュートを守護神マルク=アンドレ・テア・シュテーゲンがビッグセーブで防ぎ、スコアレスで試合を折り返す。

【ラ・リーガ】スアレスの代役はオーバメヤン?スペイン行きに前向きな姿勢

ピンチを乗り越え反撃に出たいバルサだったが、後半開始早々の48分にPKを失敗したゴメスがネットを揺らし、バレンシアに先制を許してしまう。頼みの綱リオネル・メッシが何度も得意のFKでゴールを狙うも、今試合は得点することができず。逆にゴメスにドブレーテ(1試合2得点)を決められてしまい万事休す。0-2でセティエン体制3戦目で敗北を喫した。

バルサが敵地で2発完敗