奈良の法隆寺で僧侶ら消防訓練

文化財防火デー

©一般社団法人共同通信社

世界遺産・法隆寺で行われた消防訓練=26日、奈良県斑鳩町

 「文化財防火デー」の26日、奈良県斑鳩町の世界遺産・法隆寺で、僧侶や消防団員らが参加する消防訓練があった。1949年1月26日、法隆寺金堂が炎上して壁画が焼損した火災をきっかけに、50年に文化財保護法、55年に文化財防火デーが制定された。毎年訓練と法要を実施している。

 訓練前に、焼け残った壁画や表面が焦げた柱を保管する収蔵庫で法要が営まれた。その後、収蔵庫の屋根に設置された「ドレンジャー」という装置から放水して、建物の延焼を防ぐ訓練を実施。消防車両が池から水をくみ上げ、五重塔を背景に空に放水した。