岩国市長に福田氏4選

新人破る、米軍基地で論戦

©一般社団法人共同通信社

 任期満了に伴う山口県岩国市長選は26日投開票され、無所属現職福田良彦氏(49)=自民、公明推薦=が、無所属新人の共産党県東部地区委員長米重政彦氏(64)=共産、社民推薦=を退け、4選を果たした。投票率は39.63%で、前回選挙を7.86ポイント下回り、過去最低となった。

 同市の米軍岩国基地への空母艦載機移駐完了後、初の市長選で、基地機能強化や町づくりを巡り論戦が交わされた。

 基地との共存を掲げる福田氏は、関連交付金を活用して小中学生の医療費や学校給食費を無償化したなどと実績を強調。米軍機の騒音解消のため防音工事の補助制度を拡充すると訴えて信任を得た。