文化財防火デー 法隆寺で法要と訓練

©奈良テレビ放送株式会社

 1月26日は「文化財防火デー」です。

斑鳩町の法隆寺では、防火デーを制定するきっかけになった金堂壁画を前に法要が営まれました。昭和24年のきのう、法隆寺では金堂が火事で焼け、壁画が大きく損傷しました。「文化財防火デー」はこの事故を受けて制定されたもので、きのうは火災で傷んだ金堂壁画が収められている収蔵庫で法要が営まれました。その後、収蔵庫の屋根に設置されている消火設備を使った訓練が行われました。続いて、西和消防署のポンプ車が境内の鏡池の前に到着。あっという間にホースが伸ばされ、池の水を使った一斉放水が行われました。参加者は貴重な文化財を次の世代に引き継ぐため、防火の誓いを新たにしていました。